アートセラピー

アーツセラピー(ArtsTherapy)とは

アートセラピーとアーツセラピー

書籍やネットで調べていると、芸術療法が「アートセラピー」と書かれていたり「アーツセラピー」と書かれていたりすることがあります。

実は、アートセラピーという言葉自体の示す範囲が結構あいまいで、学んだ国やセラピーの流派やそれを表現する書き手の考え方によって、同じ「アートセラピー」でもけっこう違う定義を指していることがあります。

アートセラピーという言葉自体があいまいなのに、アーツセラピーもあったり、「表現アートセラピー」や「クリエイティブアーツセラピー」というセラピーもあったり…ややこしいですね。

しかし、アートセラピーとアーツセラピーには明確な境目があります。

アートセラピーとアーツセラピーの違い

アートセラピー(Art Therapy)は物作り

アートセラピーとは、絵や物作りを中心にした心理療法です。ぬり絵やねんどやコラージュなど、手先を使って何かを形作るという行為をとおして、心や感情を表現し、セラピー効果をもたらします。

アーツセラピー(Arts Therapy)はアート全般

アーツセラピーとは、「Arts」と複数形になっていることからもわかるように、物作りに限らずたくさんのアートを取り入れたセラピーです。

アーツセラピーでは物作りの他にも、音楽を使った音楽療法(ミュージックセラピー)や、ダンスなどの体の動きを取り入れたムーブメントなども取り入れ、一人一人のクライアントにもっとも適した表現方法を提案します。

アーツセラピーの実情

このようにアートセラピーとアーツセラピーは違うものです。しかし、アーツセラピーという言葉を使っている人はアートセラピーとアーツセラピーを区別して使っていますが、アートセラピーという言葉を使っている人はアーツセラピーも含めてアートセラピーと呼んでいる…というのが日本のアートセラピーの実情のように感じます。

実際、当サイトでもアートセラピーとアーツセラピーは明確に区別していません。アーツセラピーの分野も含めて「アートセラピー」と表現していることが多いです。

今の日本の状況で、アートセラピーとアーツセラピーの区別が必要なのか?全てを含めてアートセラピーと呼んではいけないのか?という議論は答えが出ませんが、両者には区別があるということを知っておくと混乱が少ないと思います。ちなみに、海外ではアートとアーツは明確に区別されています。