アートセラピー

おすすめの本(アートセラピー・カラーセラピーなど)

アートセラピーの本

はじめてのアートセラピー: 自分を知りたいあなたへ

増補新版 はじめてのアートセラピー: 自分を知りたいあなたへ
著者:吉田エリ(河出書房新社)

カラー写真がいっぱい!表現アートセラピーの雰囲気がよく伝わる入門に最適の本です。
ブログにも詳しいレビューを書いています。

世界でいちばん簡単な絵の描き方

世界でいちばん簡単な絵の描き方―パステルシャインアート入門

読みやすさ ★★★★★
著者:江村信一(PHP研究所)¥880

パステルの粉を指先でのせていく技法で、だれでも10分後にはアーティスト。おどろくほど簡単に風や光を描く事ができます。私の伝えたいアートの楽しさが要約されている本です。

世界でいちばん簡単な絵の描き方―パステルシャインアート入門

アート×セラピー潮流

practica〈2〉アート×セラピー潮流

読みやすさ ★★★★☆
著者:関則雄(フィルムアート社)¥2,200

古代の壁画から現在心理学まで様々な角度からアートセラピーについて考える。「アートセラピーとは?」「アートセラピストとは?」著者の関則雄さんはアメリカでアートセラピーを学び、日本で常勤のアートセラピストとして働く数少ない方の一人。また相互リンクを貼っている「ArtTherapists Homepage」の北川のぞみさんのお話も載っています。

アート×セラピー潮流

絵が語る秘密

絵が語る秘密―ユング派分析家による絵画療法の手引き

読みやすさ ★★★☆☆
著者:グレッグ・M.ファース / 訳:角野善宏
(日本評論社)¥3,800

絵の解釈の方法を記した手引き書。心理テストとして用いられることの多かった自由画を治療に役立つものとして捉えていく。内容は専門的でユング心理学の「無意識」や「コンプレックス」などの概念についてもわかりやすく書かれている。大学の教科書としても使われています。

絵が語る秘密―ユング派分析家による絵画療法の手引き

答えは子どもの絵の中に

答えは子どもの絵の中に―色で読む子どもの心と才能

読みやすさ ★★★★★
著者:末永蒼生(講談社)¥1,500

色彩学校は子どものアトリエから始まりました。多くの子どもの絵を見ながら、その中に表現されている子どもの気持ちを読み解いていきます。

答えは子どもの絵の中に―色で読む子どもの心と才能

色と心の本

心の病気にならない色彩セラピー

心の病気にならない色彩セラピー

読みやすさ ★★★★★
ストレスと病気の関係と、病気を予防するためのアート&カラーセラピーの本です。

心の病気にならない色彩セラピー

色の名前

色の名前

読みやすさ ★★★★★

空や水や水の章
鳥や獣や虫の章
花の章/
草や木の章
実と実りの章
染め色の章/土や石の章

それぞれにまつわる色の名前が美しい写真と共に掲載されています。

色の名前

色彩心理の世界

色彩心理の世界―心を元気にする色のはなし

読みやすさ ★★★★★
著者:末永蒼生(PHP研究所)¥1,600

赤、黄、緑など、各色ごとの「色のことば」が書かれています。病院や高齢者施設でのアートセラピーのお話も。

色彩心理の世界 ―心を元気にする色のはなし

色彩学校へようこそ

読みやすさ ★★★★★
著者:末永蒼生/江崎泰子(晶文社)¥2,200

色彩学校でのゲスト講師のお話や、受講生との色彩体験のリポートなど。「色を通して世界が広がる…」色彩学校の雰囲気を味わってください。

色彩学校へようこそ

セラピストにおすすめの本

現代に求められるセラピストになるためのガイダンス即実行!オンリーワンのセラピストになる!
現代に求められるセラピストになるためのガイダンス
現代に求められるセラピストになるためのガイダンス。3500人のセラピストと出会った谷口晋一さんが、4つのタイプと4つのスタイルでセラピストを分類。それぞれに適したオンリーワンスタイルを提案してくれます。

セラピスト
セラピスト
河合隼雄さん、中井久夫さん、木村晴子さんなど、日本を代表するセラピストとの対談や取材をもとに書き下ろされたノンフィクション。筆者が中井久夫さんの絵画療法を受けるところからはじまります。全編を通して芸術療法や箱庭療法をもとに話が進んでいき、心の治療のあり方について考えさせられる本です。

おすすめの絵本

おおきな木

おおきな木

読みやすさ ★★★★★
著者:シェル・シルヴァスタイン ¥1,107円

少年のしあわせのために色々なものを与え続ける大きな木。少年が成長し与えるものがなくなった時、木は…。

おおきな木

ぼくを探しに

ぼくを探しに

読みやすさ ★★★★★
著者:シェル・シルヴァスタイン ¥1,500円

何かが足りない。そう感じていた主人公はある日、自分の”かけら”を探しに行く。かけらをみつけてきづいたこととは?

ぼくを探しに

ビッグ・オーとの出会い

ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに

読みやすさ ★★★★★
著者:シェル・シルヴァスタイン ¥1,500円

『ぼくを探しに』の続編。だれかがやってきてどこかへ連れていってくれないかと、ただ待ち続ける”かけら”のお話。

ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに