色彩心理学

青色の意味「抑制・落ち着き・内面・解放」

鎮静と抑制の色

青は興奮をしずめ、感情を抑制する色です。

心が落ち着いているときや、ざわついた心を落ち着かせたいときなどに青の色を使いたくなります。

内へ向かうエネルギー

赤色が太陽や爆発のように外側に向かうエネルギーなこととは対照的に、青色は深い海のように内側・底側に向かうエネルギーです。

外向きの力を抑えている時、落ち込んでいるとき、自分自信に意識が向いているときなどに青の表現が表れることがあります。

解放感を表す色

青は海のように重たくて全てを飲み込むようなイメージを持つと同時に、澄んだ青空のような軽やかな解放感も合わせ持つ色です。

同じ青でも、暗い青なのか、明るい青なのか、重たい青なのか、軽い青なのかを意識してみましょう。