円/球の象徴と意味「永遠」

円は、始まりがなく、終わりもない永遠を象徴する形です。

四角のような角がなく、曲線だけで構成されているため、やさしさややわらかさをイメージする形です。

回転する輪のように物事の流れやサイクルを表すこともあります。

数字の0とのつながりが深い形です。