日本クリエイティブ・アーツセラピー・センターとは

日本クリエイティブ・アーツセラピー・センター(J-CAT-C)は、日本のアーツセラピーの第一人者関則雄さんが代表をつとめる一般社団法人です。

絵画を中心としたアートセラピーだけでなく、ミュージックセラピーやダンス、ムーブメント、ドラマセラピーなど、複合的な芸術療法の普及・教育をされています。

海外から講師を招いた講座もワークショップも開催されていて、正統派のアートセラピー(アーツセラピー)を幅広く学べるところという印象です。

以前は東京と芦屋(兵庫県)で全20回程度のアートセラピー講座をされていたのですが、最近は東京を中心に数日~数週間程度の講座を開催されているようです。

詳しくは「日本クリエイティブ・アーツセラピー・センター」ホームページをご覧ください。

関則雄さん:略式プロフィール

・上智大学外国語学部ロシア語学科卒業
・プラット・インスティチュート(米)にてクリエイティブ・アーツ・セラピー学科(大学院)卒業
・ニューヨーク市立キングス・カウンティー・ホスピタル・センターにアートセラピストとして勤務
・1990に帰国後、碧水会長谷川病院(精神科)に常勤アートセラピストとして勤務(2010年6月からは非常勤)
・1993年よりクリエイティブ・アーツ・セラピー研究会をスタート

関則雄さんの著書

practica〈2〉アート×セラピー潮流 (プラクティカ (2))
アート×セラピー潮流

新しい芸術療法の流れ クリエイティブ・アーツセラピー
新しい芸術療法の流れ クリエイティブ・アーツセラピー