日本のアートセラピー事情

日本にはアートセラピストという国家資格や公的資格はありません。あるのは民間の団体が発行している民間資格だけです。日本にはまだアートセラピストという国が認めた職業はないのです。

それでは、誰がアートセラピーを行っているのでしょうか?

アートセラピー(芸術療法)は精神科医や臨床心理士、カウンセラー、作業療法士などが多くの治療の一環として行っています。また絵画教室の先生によっては絵を上手に描く方法を教えるのではなく、自由に絵を描く場を提供するというアートセラピー的な教室を開かれている人もいます。それとシュタイナー系の教育機関の教育理念はアートセラピーの考え方に近いものがあるようです。

もちろん民間のアートセラピスト養成学校を卒業してアートセラピーを仕事にしている人もいます。しかし、民間の学校が発行する資格の名称はバラバラです。

ここでは、アートセラピーを行っている人をアートセラピストと定義して、日本の各職業や資格とアートセラピーとのつながりについて紹介していきたいと思います。また少しですが、海外でのアートセラピストの資格や職業事情についても触れていきたいと思います。

~アートセラピーパークからのお知らせ~
提携スクールの資料を無料で取り寄せることができます。
アートやカラー、アロマ、心理学・・・
丁寧でわかりやすい資料には、ネットだけではわからない内容が書かれていて参考になりますよ!一括資料請求はこちら(無料です)

国家資格・公的資格・民間資格のちがい

まず、日本の資格の種類について簡単に説明します。

国家資格

国家資格は国が発行している資格で、その職域は法律に守られています。
例)医師、弁護士、あんま師、作業療法士

公的資格

公的資格は国の各官庁が発行している資格で、法律による権限はないが資格への信頼の高いものです。
例)簿記検定、色彩検定

民間資格

民間資格は民間の学校や団体が発行している資格で、資格の質はピンキリです。
例)アロマセラピスト、リフレクソロジスト、TOEICなど他多数

民間資格は玉石混合

このように、一口に資格といってもいろいろあります。

国家資格や公的資格なら国が認めた資格なので信頼ができます。しかし民間資格の場合、無条件に信頼するわけにはいきません。TOEICのようにかなり信頼度の高いものもあれば、学校を卒業してライセンス料を払うだけでもらえてしまう資格までいろいろとあるのです。

そして今現在(2014年1月)アートセラピストの資格はこの民間資格しかありません。資格としての知名度もそれほど高くはないといえるでしょう。

つまり「アートセラピーの資格を持っている」と言っても、その質は資格を発行した民間団体からしか保証されていないのです。アートセラピストの力量は他の国家・公的資格の有無、経歴、そして自分の目で確かめるしかありません。

アートセラピーに関連する資格・職業

精神科医

【国家資格】
精神神経科の医師であり、薬の処方もします。
カウンセラーとの一番の違いは「病気の診断・薬の処方ができる」という点です。
心理療法の一つとして芸術療法(アートセラピー)を行います。
精神科医になるためには大学の医学部を卒業し、国家資格をとり、精神科での2年間の研修が必要です。

作業療法士(OT:Occupational Therapist)

【国家資格】
心身に障害を負った人を対象に手芸や工芸、造園などの作業を通して社会適応、リハビリテーションを促します。日本ではアートセラピストに最も近い国家資格と言われます。
ただ、作業療法はリハビリに近いので、アートセラピーに比べ心よりも身体へのアプローチが多いです。

作業療法士になるためには、高校卒業後、作業療法過程がある専門学校・短大・大学のいずれかを卒業し、国家資格をとります。学校はいずれも3~4年です。
作業療法士の就職先には、精神神経科などの病院、老人福祉施設、身体障害者厚生施設などがあります。

カウンセラー(臨床心理士)

【民間資格】
カウンセラーという国家・公的資格はありません。
臨床心理士の知名度もだいぶ高まってきたので、今後は「カウンセラー=臨床心理士」という図式になっていくでしょう。

臨床心理士の主な仕事は、心理療法(カウンセリング)と心理査定(アセスメント)です。心理査定とは、心理テストや面接、周囲の状況からクライエントの心の状態を知ることです。

心理療法には様々な流派・やり方があり、クライエントに最も適した方法がとられます。その方法の一つに芸術療法(アートセラピー)が含まれます。

臨床心理士になるためには、文部科学省の指定する指定大学院を卒業しなければいけません。指定大学院の数は年々増えてきていますが、それ以上に志願者数も増えているので、大学院入試はかなり厳しい倍率になっています。

そして大学院を卒業した後の就職先も少なく、かなりの倍率になっているようです。臨床心理士の就職先としては、病院の精神神経科や心療内科、スクールカウンセラーや学生相談室、児童相談所、家庭裁判所、障害者施設などがあります。

海外でのアートセラピストの資格・仕事

ドイツではアートセラピストという国家資格があります。またアメリカでは国家資格こそないものの、かなり認知はされていて医療現場で医師やソーシャルワーカーとチームを組んで仕事をしています。

日本の心理学はアメリカに比べて10年ほど遅れていると言われています。本格的にアートセラピーを学びたいのならアメリカやドイツへの留学というのも視野にいれてください。その場合、アートセラピストとして働くのならそのまま留学先に残って働くことが多いようです。

逆にアメリカやドイツでアートセラピーの資格をとって日本に帰ってきても、日本で就職先をみつけるのは難しいようです。

日本でアートセラピストになるには

これからアートセラピストになりたいという方へ。
アートセラピストの知名度が低く民間資格しかないということは、どこかの民間の学校を卒業しアートセラピストの資格をとったとしても、即就職には結び付かないし、収入を得るのにもかなりの努力が必要だということを覚えておいてください。

アートセラピーだけで、収入を得ることはとても困難です。アートセラピーを実施されている方の多くは、他の仕事で収入を得ていたり、カラーセラピーやアロマセラピーなどの資格と併用したり、絵画教室や福祉の場に取り入れたりしています。

学校を選ぶ際も、「資格がとりやすい」「就職を斡旋する」などという宣伝文句を素直に信用してはいけません。民間の学校は「資格商売をしている営利団体」というくらいの目で見た方がいいと思います。何度も言っているようにとりやすい民間資格には大した意味はありません。

就職を斡旋すると言っても斡旋できる就職先はその学校のセラピールームでのセラピストか、学校のインストラクターくらいしかないのではないでしょうか?どちらも卒業生の多くがねらっている狭き門だと思います。

もちろん、学校に行けば良い先生もいるだろうし、系統だった勉強もできます。何より同じ目標を持つ仲間がたくさんいます。卒業後、仕事にできるかどうかは結局は自分しだいです。

学校を決める際は慎重に決めてください。頭と足を使ってください。何度も言いますが宣伝文句だけをうのみにしないでください(学校を卒業して資格をとったら仕事があると勘違いして入学してしまう人が多いので・・・)。

日本でアートセラピストとして食べていくのにはかなりの努力が必要です。しかし魅力のある仕事だと思うので、興味をもった方は是非がんばってほしいと思います。