マネの作品(エドゥアール・マネ)

マネの作品

マネとは

エドゥアール・マネ(Edouard Manet)

1832年~1883年/フランス

マネの描いた『オランピア』は大きなスキャンダルになりました。この絵が描かれた時代は、生身の女性のヌードを描くことは不道徳とされていたからです。

そのため当時の画家たちは、神話に出てくる天使やヴィーナスたちを描くことにより、裸の女性を表現していました。

マネが生身の女性像の美しさを認めさせようと意図的に描いた『オランピア』は当時は大きな反感を浴びましたが、後の芸術家たちにより大きく評価されることになりました。

マネの主な作品

フォリー・ベルジェールのバー:bar_in_den_folies_bergere

マネ『フォリー・ベルジェールのバー』
拡大
制作:1881-1882年
縦横:96×130cm
所蔵:ロンドン、Courtauld Institute Galleries

テュイルリーの音楽会:music_in_the_tuileries

マネ『テュイルリーの音楽会』
拡大
制作:1862年
縦横:76×118cm
所蔵:ロンドン、ナショナルギャラリー

オランピア:olympia

マネ『オランピア』
拡大
制作:1863年
縦横:130.5×190cm
所蔵:パリ、オルセー美術館

笛を吹く少年:the_fifer

マネ『笛を吹く少年』
拡大
制作:1866年
縦横:161×97cm
所蔵:パリ、オルセー美術館

ベルト・モリゾの肖像:berthe_morisot

マネ『ベルト・モリゾの肖像』
拡大
制作:1872年
縦横:55×38cm
所蔵:個人所蔵

ナナ:nana

マネ『ナナ』
拡大
制作:1877年
縦横:154×115cm
所蔵:Kunsthalle