ヒーリングアート「はばたき~ありのままで~」

パステル画とパステルアート

パステルアートとは、パステルというカラフルな画材を使って描くアートです。

美術の世界でパステル画というと、ソフトパステルを使った本格的な絵画を指しますが、最近ではハードパステルを削って粉状にすることで、誰でも簡単に素敵な絵が描けるパステルアートが広まっています。

ここでは後者のパステルアートを紹介していきます。

☆ソフトパステルとハードパステルの違いについては、パステルの種類をご覧ください。

パステルアートの5つの特徴

パステルアートは、発色のいいパステルを削って粉にして使うことで、誰でも簡単に美しい絵が描けるのが特徴です。

パステルアートにもたくさんの種類がありますが、共通している主な特徴は次の5つです。

パステルを削って粉にする

パステルは発色の良さが特徴ですが、本来素人には扱いづらい画材です。そんなパステルをカッターナイフなどで削って粉状にすることで、誰でもきれいな色を出せるようになったのがパステルアートの特徴です。

指やコットンで伸ばす

粉にしたパステルを指やコットンなどで伸ばすことにより、広い面積を簡単に均一にぬることができます。また粉の量や力を加減するだけで簡単に美しい色のグラデーションを表現することができるのが特徴です。

練り消しゴムで色を抜く

パステルは定着力が弱いため、練り消しゴムで消すことができます。その特性を活かして、パステルでぬった色を練り消しゴムでほどよく抜くことで、透明感や奥行きのある幻想的な絵を描くことができます。

型紙(テンプレート)を使う

輪郭のはっきりした図柄を描きたいときは、指やコットンでは難しいため、型紙(テンプレート)を使います。

正方形の画用紙に描く

パステルアートは、15cm×15cmの白い正方形の画用紙に描くものが多いです。また正方形の四辺をセロハンテープやマスキングテープで縁取りをして、枠をつくることも多いです。

パステルアートの大元はパステルシャインアート

現在主流となっているパステルを粉にして描くパステルアートの特徴は、ルーツをたどれば、1995年に発表されたパステルシャインアートが大元になっています。

それまでもパステル画の中でパステルを粉にして描く技法はありましたが、主に絵の背景を描くのに使われていました。それをメインにもってくることで誰でも簡単に描けるようにしたこと、初めての方でも描きやすい15cmの正方形というサイズを取り入れたことなどはパステルシャインアートが始まりです。

その後、パステルシャインアートを学んだ人たちが、独自の技法やコンセプトを織り交ぜて発展させたことにより、誰でも簡単に素敵な絵が描けるパステルアートが普及しました。