色彩心理学

黄色の意味「希望・甘え・自己アピール」

黄色の光と影

黄色は太陽の光にもっとも近い色です。

明るい黄色の絵は、暗闇を照らす明るい太陽のように希望と喜びを感じ、楽しい気持ちを表現していることが多いです。

黄色を光と考えたとき、影となる黒や青と対比しているような絵を見ることがあります。

黄色+黒や青といったコントラストの高い表現をしたときは、光をさえぎる高い壁があるのかもしれません。

ゴッホ『カラスのいる麦畑』
絵:ゴッホ『カラスのいる麦畑』

甘えたい、自己アピールの色

黄色はとても目立つ色で、心理的にも自己アピールが強い時や自分が目立ちたい時に使いたくなる色です。

赤がもっている自己アピールとは異なり、黄色のアピールは「甘えたい・目立ちたい・誰かにかまってもらいたい」性質が強くなります。

黄色と子どもの絵

黄色は赤と並んで子どもが最も好む色です。

子どもがもっている「甘え・無邪気さ・自己アピール」といったイメージともぴったりの色ですね!