パステルアート「赤富士」

パステルアート 赤富士

富士山を描いた中で最も有名な絵画のひとつ、葛飾北斎の「赤富士」をパステルシャインアートで描いてみました。

シンプルな絵だと思っていたけど、模写してみると構図が素晴らしい。

富士山の赤と緑、空の青と白との対比。
富士山の縦のラインと、雲の横のラインの対比。

それぞれの対比が力強いインパクトを与えているようです。

富士山の山頂から下る白い筋は、最後に白いペンで描きました。

この白のあるなしで、絵の印象が全くちがうことに気付きました。

参考作品「凱風快晴」

凱風快晴(赤富士) 葛飾北斎
作品名/凱風快晴(がいふうかいせい)
作者 /葛飾北斎
製作年/1831~33年(天保2~4年)頃
種類 /多色刷木版画
寸法 /25.72×38 cm

参考文献・おすすめの本

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
高橋依子、牧瀬英幹/描画療法のさまざまな実践について、章ごとに1つずつ徹底解説。適応の見極め、導入の手順、描画の解釈などの基本的な進め方、細かい工夫や注意点などを、事例をあげながら具体的・実践的に説明する。
Pickup

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践〉

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、ヒューマンアカデミーの通信講座で受講できるようになりました!

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

丁寧なテキストに画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめです。