数字の3の意味「変化・創造性・子どもらしさ」

数字の3は「変化と創造」を表します。

形でいうと三角形ですが、三角形は1つの点の位置によって形が自由に変わりますよね。

この自由な変化は、まったく新しい物事を生む出す「創造性」につながりますが、逆に、形がコロコロ変わる不安定な性質は、破壊や混乱をまねくこともあります。

破壊と創造は表裏一体。
一度壊さないと生み出せないものもあります。

神話や童話でも、3つの試練をクリアしたり、3つの道具を使うことで次のステップに進む物語が多くあります。

3つの要素で構成されたものは躍動感や楽しさがあり、子どもらしさにもつながります。

ちなみに3はグループを形成する最小単位です。

参考文献

癒しの数字 誰も教えてくれなかった"もうひとつの数字"が伝えるスピリチュアルな真実癒しの数字(はづき虹映)
絵が語る秘密―ユング派分析家による絵画療法の手引き絵が語る秘密(グレッグ・M.ファース )

参考文献・おすすめの本

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
高橋依子、牧瀬英幹/描画療法のさまざまな実践について、章ごとに1つずつ徹底解説。適応の見極め、導入の手順、描画の解釈などの基本的な進め方、細かい工夫や注意点などを、事例をあげながら具体的・実践的に説明する。
Pickup

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践〉

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、ヒューマンアカデミーの通信講座で受講できるようになりました!

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

丁寧なテキストに画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめです。