パステル24色セットA(NCT-24A)とB(NCT-24B)の違いとおすすめのセット

パステル24色セット

パステルアートではヌーベル カレーパステルの48色セットをよく使います。

必要な色がそろったおすすめのセットですが、パステルアートをちょっと描いてみたい…という時に、いきなり48色セットを買うのは少しハードルが高いようです。

思い返せばぼくも
はじめて買ったのは24色セットでした。

ここでは48色セットではなく、24色セットを買いたい時におすすめのパステルを紹介します。

「ヌーベル カレーパステル 24色セット」の種類

ヌーベル カレーパステルの24色セットには
・24色セットA
・24色セットB
・24色パールセット
・人物画用24色セット
・風景画用24色セット
の5種類があります。

ヌーベル カレーパステル 24色セットA
Aセット
カレーパステル ヌーベル 24色セットB
Bセット
ヌーベル カレーパステル 24色パールセット
パールセット
ヌーベル カレーパステル 人物画用 24色セット
人物画用24色セット
ヌーベル カレーパステル 風景画用 24色セット
風景画用24色セット
 

パステルアートでよく使う48色セットは、このAとBがセットになったものなので、後々のことを考えるとAセットまたはBセットを買うのがおすすめです。

Aセット(NCT-24A)の特徴

ヌーベル カレーパステル 24色セットA

Aセットは、明るい色と暗めの色がバランスよく入っているのが特徴です。

Bセットに比べて鮮やかな色が少なく、彩度の低い色が多いです。

Aセットには白と黒が入っているのが特徴です。

また、パステルシャインアートでよく使うピンクと紫が入っています。

Aセットの短所はひとつひとつの色(例えば赤など)のカラーバリエーションが少ないこと。

空や自然を描く時によく使う、ブルー系とグリーン系が少ないのが残念です。

ちなみにぼくの場合は、白と黒のパステルはほとんど使いません。

Bセット(NCT-24B)の特徴

カレーパステル ヌーベル 24色セットB

Bセットは赤・橙・黃・黄緑・緑・青緑・水色・青・濃紺と色のグラデーションがそろっているのが特徴です。

Bセットに入っている水色(089:ペールブルー)はパステルシャインアートで一番使う色です。

Aセットの短所は、ピンクと紫が入っていないこと。

ピンクは桜や花を描く時に使いたいですし、紫は幻想的な絵を描きたいときにほしい色です。

まとめ:どちらか買うならおすすめは?

AとBのどちらかを買うなら、Bのセットをおすすめします。

有彩色がそろっていますし、やはり空や水を描くのにペールブルーは欠かせません!

そういえば、ぼくがはじめて買った24色セットもBのセットでした^^

改めて見ると「風景画用24色セット」もバランスが良いですね。
あとで48色セットに合わせる予定がないならおすすめできそうです。