『日輪草』宇宙に輝く太陽の花(四季の花を愉しむ曼荼羅スクラッチアート)

日輪草(四季の花を愉しむ曼荼羅スクラッチアート)

先日販売となりました自著『四季の花を愉しむ曼荼羅(自律神経を整えるスクラッチアート)』より、個々の作品を紹介させていただきたいと思います。

今回は『日輪草』
日輪草(にちりんそう)とは、ひまわりの別名です。

スクラッチアート『日輪草』

日輪草=ひまわりは日本の花ではありませんが、子どもから大人まで親しみのある夏を代表する花。『四季の花を愉しむ曼荼羅』に含めたいと思いました。

ひまわりというと、
大きなまるい花が特徴ですね。

今作は長方形の紙面をいかし、端に2つのひまわりを描きました。

パッケージの見本では縦向きの作品になっていますが、横向きにして左右に2つのひまわりとしてもおもしろいと思います。

日輪草(四季の花を愉しむ曼荼羅スクラッチアート)

太陽のような輝きを表現したいと思い、花びらはレインボーカラーになっています。

そして、中央のまるい部分(種になるところ)は、日本の伝統模様「麻の葉」で表現しました。

伝統模様の麻の葉には、子どもが健やかに成長するように…という想いが込められており、未来につながる種のイメージにぴったりです。

面を多めに削ったキラキラバージョンはこちら↓

日輪草(四季の花を愉しむ曼荼羅スクラッチアート)

せっかくなので2つの花を別のパターンで削ってみました。花びらは線の内側にも色をつけているので、よければ削ってみてほしいと思います。

『日輪草』は、花びらの線が太めなのでスクラッチアートの練習用にもおすすめの作品です。一方、麻の葉模様の部分は細めの直線なので、専用ペンの細い方を使うと削りやすいと思います。

「日輪草」の意味と花言葉

ひまわりは「向日葵」とも「日回り」とも書かれ、「日輪草(にちりんそう)」の他にも、「日車(ひぐるま)・日車草(ひぐるまそう)・日回り草(ひまわりそう)」と多くの別名をもつ花です。

英語では「Sunflower(サンフラワー)」、フランス語では「Soleil(ソレイユ)」とよばれ、いずれも太陽を表す名前です。

日輪草=ひまわり

ひまわりの花言葉は
「私はあなただけを見つめる」
「愛慕」
「崇拝」
「情熱」
「あこがれ」

ひまわりの成長期にみられる、常に太陽の方に向かう性質(向日性)が由来となった花言葉が多いです。

伝統模様「麻の葉」の意味

麻の葉模様

この模様は「麻の葉(あさのは)」または「麻の葉つなぎ」といい、日本の伝統模様のひとつです。

六角形をベースとした幾何学模様で、平安時代から仏像の装飾品などに使われています。

この模様が麻の葉に似ている事から、麻の葉を表す模様として庶民に親しまれるようになりました。

麻の葉は成長が早いため、「子どもの健やかな成長」を願う想いが込められ、子どもの着物の模様として人気です。

また麻の葉は虫がつきにくいことから神聖な植物とされています。麻の葉模様には「魔除け・厄除け」の効果があるとされ、赤ちゃんの産着の模様としても使われてきました。

四季の花を愉しむ曼荼羅スクラッチアート

スクラッチアートの制作のきっかけや作品に込めた想いは、こちらの記事をご覧いただければと思います。

書店やオンラインストアで購入することができますので、どうぞよろしくお願い致します。

自律神経を整えるスクラッチアート
四季の花を愉しむ曼荼羅

自律神経を整えるスクラッチアート 四季の花を愉しむ曼荼羅
Amazon楽天市場

アートワーク
Pickup

アートセラピー・心理学を学べる講座

アートセラピーや心理カウンセリングを学べる、ヒューマンアカデミーの講座のご紹介です。

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉では、私がアートセラピーや色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座を通信で受講することができます。テキストもわかりやすくておすすめです。

また心理学を学ぶなら心理カウンセラー講座がおすすめです。たくさんのコースから選べるので、まずは住所入力不要のデジタルパンフレットから見てみてはいかがでしょうか。

\ よかったらシェアしてね! /

記事タイトルとURLをコピーする

― 関連記事 ―