アートセラピー

アートセラピーの分類

アートやアーツ、表現アートセラピーなど

当サイトでは広い意味での「アートセラピー」を紹介しており、アート(創作)を用いたセラピーだけでなく、音楽やダンスといった”表現”を扱うセラピーをまとめてアートセラピーと呼んでいます。

セラピーのレベルも、精神科などでの「心理療法」としてのアートセラピーから、「ヒーリング・メンタルケア」としてのアートセラピーまで、明確に区別することなく、アートによるセラピーとして紹介してきました。

アートセラピーに限らず、日本ではセラピーの意味が曖昧で、医療としてのセラピーから、癒しとしてのセラピーまで、ひとくくりにして扱われています。この曖昧な状況が、アートセラピーを理解する際に、いろいろな混乱を招いているようにも思います。

こういったセラピーにまつわる混乱をなくしていくためにも、日本で主に扱われるアートセラピーの分類を紹介していきます。

アートセラピーの分類

アートセラピー

アーセラピー、アーツセラピー、表現アートセラピーと明確に分類する場合、アートセラピーとは「視覚芸術」を用いた心理療法を指します。

つまり、同じアートでも、ダンスや音楽などの目に見えない形の芸術は用いず、箱庭やコラージュなどの形として目に見える芸術を扱うのが一般的です。

アーツセラピー

アーツとはアートの複数形(Arts)を意味し、視覚芸術に限らず、イメージやボディワークなど、幅広い芸術を取り入れたセラピーです。

アーツセラピーという響きが日本人になじみにくいことから、日本ではアートセラピーとアーツセラピーの区別はあいまいになっています。海外ではArtとArtsは明確に別のものとして扱います

表現アートセラピー

表現アートセラピーも複数形のアーツセラピーのように、様々な芸術を扱います。表現アーツセラピーも海外で生まれたセラピーですが、正式な和訳は「表現アーツセラピー」になるようです。

アーツセラピーでは複数の芸術を扱いながらも、それぞれの表現方法が比較的独立しているのに対し、表現アーツセラピーは、複数の表現方法を一つのワークの中で必要に応じて組み合わせていきます。

その他のアートセラピー

日本では「ぬりえ」や「パステル」を用いたアートセラピーも有名です。
こちらは色彩心理学を中心に見ていくことからカラーセラピーとして扱われることもあります。

アートセラピーなのか?カラーセラピーなのか?ややこしいところですが、日本ではカラーセラピーの方が一般化しているため、カラーセラピーと呼んでいるセラピストが多いです。

また、日本では「アートセラピー」というよりも、箱庭療法、コラージュ療法、風景構成法、ぬりえセラピー、パステルセラピーなど、個別の療法(セラピー)が独自に発展しているという特徴もあります。