アートセラピーとは

アートを通して自分を見つめる

アートセラピー(芸術療法)はカウンセリングの現場でも用いられる心理療法の一つ。アート、つまり創作活動の中で自由に自分を表現します。

アートそのものがもっているセラピー効果(表現・画材・触れあい)や、アートを通した人との交流の中で、自分自身を表現し本当の感情にふれていきます。

アートセラピーは、手先を使い、目や脳の感覚を刺激することにより五感の活性化にもつながるため、子どもの情操教育や、高齢者の介護予防・レクレーションなどにも取り入れられています。

うまくなくてもいい。作らなくてもいい

「アート」と言っても特別なものではありません。

色えんぴつで色をぬるだけでいいし、粘土をこねるだけでもいい。紙をちぎって何かに貼るだけでもOKです。

「自分は絵がヘタだから…」
「もう何年も絵を描いてないし…」
「人に見せるのが恥ずかしい…」
と言う人もいるでしょう。

うまく描く必要なんてありません。
人に見せなくてもOK。

何もしたくなければ、しなくてもいいのです。

誰かに強要されるのではなく
自分の手で
自分が作りたい時に
自分の作りたい物を作る。

それがアートセラピーです。

アートセラピーと芸術療法

アートセラピーは日本語では、芸術療法とよばれます。

しかし、芸術というと敷居が高いため、そのまま「アートセラピー」と呼ばれることも多いです。

アートセラピーで扱うのは絵画だけではありません。

欧米を起源とするアートセラピー(アーツセラピー)では、絵画はもちろん、粘土・箱庭・音楽・ダンス・ムーブメントなど、あらゆる表現方法を扱います。

アートセラピーを明確に分類する場合、絵画を中心としたものをアートセラピー(Art Therapy)、音楽やダンスなども含むものをアーツセラピー(Arts Therapy)表現アートセラピーとよばれることもあります。

けんちゃん先生のパステルアート教室

誰でも素敵な絵が描ける『パステルアート教室』を開催中。
リクエストに応じて開催していますのでご希望の日程をご連絡くださいね!
詳しくは教室のご案内をご覧ください。

他の記事を見る

\ 記事をシェア /

関連記事