アートセラピーとアーツセラピーと表現アートセラピーの違い

芸術療法は「アートセラピー」とよばれたり「アーツセラピー」とよばれたりします。

さらに「表現アートセラピー」や「クリエイティブアーツセラピー」という言葉もあったりで、ややこしいですね。

ここでは日本でよく聞く、「アートセラピー」と「アーツセラピー」と「表現アートセラピー」の違いを紹介します。

アートセラピー(Art Therapy)の特徴

はじめに、アートセラピーという言葉は「アーセラピー・アーツセラピー・表現アートセラピー」の全体を指す場合があります。広い意味での芸術療法です。

しかし明確に分類する場合は、アートセラピーとは「視覚芸術」を用いた心理療法を指します。

つまり、絵画や箱庭・コラージュのように作品が形となって目に見えるアート表現をとおしたセラピーです。

アーツセラピー(Arts Therapy)の特徴

アーツセラピーは「Arts」と複数形になっていることからもわかるように、たくさんのアートを取り入れたセラピーです。

アーツセラピーでは視覚芸術だけでなく、ダンスや音楽、イメージ、ボディワークなど、幅広いアート表現を扱い、一人一人のクライアントにもっとも適したアート表現を使います。

日本ではアーツセラピーという言葉がなじみにくいことから、アートセラピーとアーツセラピーの区別があいまいになっていますが、海外ではArtとArtsは別のセラピーとして扱われます。

表現アートセラピー(Expressive Arts Therapy)

表現アートセラピーもアーツセラピーのように様々なアート表現を扱います。

正式には「表現アーツセラピー」ですが、日本語でなじみやすいように「表現アートセラピー」と訳されています。

アーツセラピーでは複数のアートを扱いながらも、それぞれの表現方法が比較的独立しているのに対し、表現アートセラピーではひとつのワークの中で複数のアート表現を組み合わせて進めていくのが特徴です。

日本でのアートセラピーの呼び方

日本では専門家はこれらを区別してよびますが、一般には「アートセラピー」自体がまだまだ新しいものなので、すべてをまとめてアートセラピーとよばれることが多いです。

当サイトでも「アートセラピー」というときは、「アーツセラピー」や「表現アートセラピー」を含んだ広い意味で使っています。

参考文献・おすすめの本

参考書籍・おすすめの本の中からランダムで表示中

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
Pickup

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、通信講座で受講できるようになりました!

【ヒューマンアカデミー】
ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめ♪資料請求は無料です。