「アートセラピー」と「アーツセラピー」と「表現アートセラピー」の違い

芸術療法は「アートセラピー」とよばれたり「アーツセラピー」とよばれたりします。

さらに「表現アートセラピー」や「クリエイティブアーツセラピー」という言葉もあったりで、ややこしいですね。

ここでは日本でよく聞く、「アートセラピー」と「アーツセラピー」と「表現アートセラピー」の違いを紹介します。

アートセラピー(Art Therapy)の特徴

はじめに、アートセラピーという言葉は「アーセラピー・アーツセラピー・表現アートセラピー」の全体を指す場合があります。広い意味での芸術療法です。

しかし明確に分類する場合は、アートセラピーとは「視覚芸術」を用いた心理療法を指します。

つまり、絵画や箱庭・コラージュのように作品が形となって目に見えるアート表現をとおしたセラピーです。

アーツセラピー(Arts Therapy)の特徴

アーツセラピーは「Arts」と複数形になっていることからもわかるように、たくさんのアートを取り入れたセラピーです。

アーツセラピーでは視覚芸術だけでなく、ダンスや音楽、イメージ、ボディワークなど、幅広いアート表現を扱い、一人一人のクライアントにもっとも適したアート表現を使います。

日本ではアーツセラピーという言葉がなじみにくいことから、アートセラピーとアーツセラピーの区別があいまいになっていますが、海外ではArtとArtsは別のセラピーとして扱われます。

表現アートセラピー(Expressive Arts Therapy)

表現アートセラピーもアーツセラピーのように様々なアート表現を扱います。

正式には「表現アーツセラピー」ですが、日本語でなじみやすいように「表現アートセラピー」と訳されています。

アーツセラピーでは複数のアートを扱いながらも、それぞれの表現方法が比較的独立しているのに対し、表現アートセラピーではひとつのワークの中で複数のアート表現を組み合わせて進めていくのが特徴です。

日本でのアートセラピーの呼び方

日本では専門家はこれらを区別してよびますが、一般には「アートセラピー」自体がまだまだ新しいものなので、すべてをまとめてアートセラピーとよばれることが多いです。

当サイトでも「アートセラピー」というときは、「アーツセラピー」や「表現アートセラピー」を含んだ広い意味で使っています。

Pickup

アートセラピー・心理学を学べる講座

アートセラピーや心理カウンセリングを学べる、ヒューマンアカデミーの講座のご紹介です。

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉では、私がアートセラピーや色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座を通信で受講することができます。テキストもわかりやすくておすすめです。

また心理学を学ぶなら心理カウンセラー講座がおすすめです。たくさんのコースから選べるので、まずは住所入力不要のデジタルパンフレットから見てみてはいかがでしょうか。

\ よかったらシェアしてね! /

記事タイトルとURLをコピーする

― 関連記事 ―