クレーの作品

クレーとは

パウル・クレー(Paul Klee)

1879年~1940年/スイス

クレーは20世紀のスイスの画家です。風刺画や記号化された作風が特徴で、布やガーゼなどの様々な画材を使ったアートは独特の雰囲気を出しています。

クレーは、カンディンスキーやマルクらと共に「青騎士」(ブラウエ・ライター:Der Blaue Reiter)という芸術運動に参加していました。

クレーの主な作品

セネシオ(senecio)

クレー『セネシオ(senecio)』
拡大
制作:1922年
縦横:40.5×38cm
所蔵:バーゼル美術館

赤い気球(red balloon)

クレー『赤い気球(red balloon)』
拡大
制作:1922年
縦横:31.7×31.1cm
所蔵:グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)

北の海(north sea)

クレー『north sea』
拡大
制作:1923年
縦横:24.7×31.5cm
所蔵:パウル・クレー・センター(ベルン)

ポリフォニックに囲まれた白(polyphonic white)

クレー『polyphonic white』
拡大
制作:1930年
縦横:33.3×24.5cm
所蔵:パウル・クレー・センター(ベルン))

参考文献・おすすめの本

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
高橋依子、牧瀬英幹/描画療法のさまざまな実践について、章ごとに1つずつ徹底解説。適応の見極め、導入の手順、描画の解釈などの基本的な進め方、細かい工夫や注意点などを、事例をあげながら具体的・実践的に説明する。
Pickup

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践〉

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、ヒューマンアカデミーの通信講座で受講できるようになりました!

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

丁寧なテキストに画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめです。