青色の意味「抑制・落ち着き・内面・解放」

鎮静と抑制の色

青は興奮をしずめ、感情を抑制する色です。

心が落ち着いているときや、ざわついた心を落ち着かせたいときなどに青の色を使いたくなります。

内へ向かうエネルギー

赤色が太陽や爆発のように外側に向かうエネルギーなこととは対照的に、青色は深い海のように内側・底側に向かうエネルギーです。

外向きの力を抑えている時、落ち込んでいるとき、自分自信に意識が向いているときなどに青の表現が表れることがあります。

解放感を表す色

青は海のように重たくて全てを飲み込むようなイメージを持つと同時に、澄んだ青空のような軽やかな解放感も合わせ持つ色です。

同じ青でも、暗い青なのか、明るい青なのか、重たい青なのか、軽い青なのかを意識してみましょう。

参考文献・おすすめの本

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
高橋依子、牧瀬英幹/描画療法のさまざまな実践について、章ごとに1つずつ徹底解説。適応の見極め、導入の手順、描画の解釈などの基本的な進め方、細かい工夫や注意点などを、事例をあげながら具体的・実践的に説明する。
Pickup

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践〉

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、ヒューマンアカデミーの通信講座で受講できるようになりました!

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

丁寧なテキストに画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめです。