ピンクの意味「愛情・幸せ・女性らしさ」

愛情と幸せの色

ピンクは、愛情・幸せ・思いやりなどのやさしいイメージをもつ色です。

年齢や性別に関係なく、愛情にめぐまれているときや恋愛をしているとき、幸福感で満たされているときにピンクの表現が表れることがあります。

また、愛情や幸せを望んでいる時にもピンクが表現されます。

ピンクを使うことは、思いやりのあるスキンシップのように、心を愛情で満たし、心と体を若返らせる効果もあります。

女性が好きで嫌いな色

ピンクは女性らしさをイメージさせ、女性に最も好まれる色の一つです。

しかし、反対に女性に最も嫌われる色でもあります。

子どもの時に女性らしさを強要されたり、女性らしさに抵抗を感じる女性は、ピンクを好まないことがあります。

男性でも女性でも、自分の中にある女性性を受け入れることによりピンクを好きになっていくケースが多いです。

甘さの象徴

ピンクは精神的な甘さを象徴する色でもあります。

あなたの周りにピンク色のイメージの人はいますか?

自立を拒み、他人への依存心が強い人はピンクの色をイメージさせます。

参考文献・おすすめの本

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
高橋依子、牧瀬英幹/描画療法のさまざまな実践について、章ごとに1つずつ徹底解説。適応の見極め、導入の手順、描画の解釈などの基本的な進め方、細かい工夫や注意点などを、事例をあげながら具体的・実践的に説明する。
Pickup

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践〉

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、ヒューマンアカデミーの通信講座で受講できるようになりました!

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

丁寧なテキストに画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめです。