数字の意味と象徴

絵の中に隠された数字

絵に描かれた何かの数が意味を持っていることがあります。

何かの個数だったり、区切られた領域の数だったり、
数字がそのまま描かれるというよりも、何らか個数で象徴的に表されることが多いようです。

数字が象徴するもの

同じものが複数描かれている場合は、その個数に意味が隠れていることがあります。

身のまわりの人(家族・友人・同僚など)や、影響の大きかった経験(恋愛・心的ストレスなど)。

またその数が、何かを経験した年齢とリンクしていることもあります。

数と心の関係

数の多さは、エネルギーの高さや落ち着きのなさを表現していることがあります。
数の少なさは、エネルギーの低さや感情の落ち込みを表現してることがあります。

また、実際とは合わない数に意味があることがあります。

例えば
4人家族なのに絵の中の家族の数が3人とか5人とか。
馬が2頭描かれているのに足の数が6本しかないとか。

数が合わないからといってネガティブな意味とは限りません。絵は象徴的な世界なので、距離が近い同一視しているものが混ざりながら表現されることもあります。

絵の中に表れた数字の意味について、本人にとって思い当たることがあることが大切です。

数字の意味一覧

1の意味「はじまり・方向性・男性性」
2の意味「対極・調和・女性性」
3の意味「変化・創造性・子どもらしさ」
4の意味「安定・固さ・権力」
5の意味「自由・柔軟性・人間らしさ」
6の意味「調和・バランス・関係性」
7の意味「探求・周期・独自性」
8の意味「パワー・拡大・無限大」
9の意味「到達・真理・サポート」
0の意味「中立・永遠・純粋性」

参考文献

癒しの数字 誰も教えてくれなかった"もうひとつの数字"が伝えるスピリチュアルな真実癒しの数字(はづき虹映)
絵が語る秘密―ユング派分析家による絵画療法の手引き絵が語る秘密(グレッグ・M.ファース )

参考文献・おすすめの本

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
高橋依子、牧瀬英幹/描画療法のさまざまな実践について、章ごとに1つずつ徹底解説。適応の見極め、導入の手順、描画の解釈などの基本的な進め方、細かい工夫や注意点などを、事例をあげながら具体的・実践的に説明する。
Pickup

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践〉

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、ヒューマンアカデミーの通信講座で受講できるようになりました!

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

丁寧なテキストに画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめです。