曼荼羅ワークと育みたいもの

曼荼羅ワーク

先日、京都で受講した曼荼羅ワーク。
テーマは「育む/築く」でした。

パステルで描く前に、みなさんと育むと築くのイメージを話し合いました。

ぼくの育むのイメージは、
愛情をこめて育てること。
あたたかく包み込む感じで、曲線や球のイメージです。

築くのイメージは、
目的をもって積み上げていくこと。
時間とともにステップアップしていく感じで、直線やピラミッドのイメージです。

育んでいるものはありますか?

先生からこんな問いかけがありました。

「けんさんが今育んでいるもの、育みたいものはありますか?」

育んでいるといえば、やっぱり子どもの顔が浮かぶけど…もっと深く考えてみました。

これから育みたいもの…
自分の経験かな?

自分のためにもなり、家族や友達、仕事、まわりの人たちの役にも立つような経験。

そうして決まった「経験を育む」というテーマで描いたのが、上段中央の緑の曼荼羅です。

曼荼羅ワーク

宇宙のようにも見えるし、
ほおずきが開いていくようにも見える。
お気に入りの作品になりました^^

「築く」のマンダラ

そして下段中央の青い曼荼羅が
次に描いた「築く」のマンダラです。

育むの方がイメージしやすかったけど…
今足りなくて、これから培っていきたいのは築く力かもしれない。。。

あれ??
そもそも、経験って築くもの!?

橋を築く
家を築く
堤防を築く

目的によって築くものがちがい
築かれたものによって使い方も変わる。

築くのイメージがあふれてきました。
次は「経験を築く」というテーマで曼荼羅を描いてみたいと思います。

参考文献・おすすめの本

吉田エリ/アートセラピーは、自分自身の無意識にアクセスして本当の気持ちを探ります。写真とイラスト満載で、わかりやすく解説。新たに、グループワークやすぐ実践できるワークを紹介した増補新版。
高橋依子、牧瀬英幹/描画療法のさまざまな実践について、章ごとに1つずつ徹底解説。適応の見極め、導入の手順、描画の解釈などの基本的な進め方、細かい工夫や注意点などを、事例をあげながら具体的・実践的に説明する。
Pickup

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践〉

私がアートセラピーと色彩心理の基礎を学んだ色彩学校の講座が、ヒューマンアカデミーの通信講座で受講できるようになりました!

ぬり絵カラーセラピスト養成講座〈入門&実践コース〉

丁寧なテキストに画材もついているので、アートセラピーの入門におすすめです。